パチンコ 無料 ゲーム ダウンロード 不要

筑波大学 生存ダイナミクス研究センター

プロジェクト

生殖ダイナミクス

小林プロジェクト「生殖細胞形成機構研究」

生殖細胞は次代に生命をつなげ、体細胞は個体の生命を支える。このように運命が大きく異なる生殖細胞と体細胞は、受精卵の分裂により生み出された姉妹同士である。では、どのように生殖細胞への運命が決定されるのか? この仕組みは進化の過程でどのように変化してきたのか? 生命の連続性を担う生殖細胞がつくられるメカニズムを解明するのが私たちの研究課題である。

研究内容

動物における生殖細胞形成機構の解明

小林 悟(生存ダイナミクス研究センター/教授)

キイロショウジョウバエをモデルとして、生殖細胞形成の引き金を引く分子の同定、その分子によりどのような遺伝子が活性化あるいは不活性化されるのかを明らかにする研究を行いつつある。

ページ先頭へ戻る

筑波大学
生存ダイナミクス研究センター

〒305-8577
茨城県つくば市天王台1-1-1
TEL:029-853-6082
FAX:029-853-6074
E-mail:

筑波大学

●センター長